ヘアアイロン 濡れた髪

濡れた髪にアイロンをするとどうなる?

 

 

濡れた髪を乾かさないまま、ヘアアイロンを使用している方、意外といるのではないでしょうか?

 

乾いた髪にヘアアイロンを使用すると良くない気がする、濡れた髪にヘアアイロンを当てるときれいにセットできる、そんな理由から濡れた髪にヘアアイロンを使っていませんか?

 

実際のところ、濡れた髪にヘアアイロンを使っても問題がないのか気になるところですよね。

 

間違った使い方をしていれば、大事な髪の毛を痛めてしまうかもしれません。

 

この疑問を払拭するために、髪の毛の性質について見ていきましょう。

 

 

まず知る必要があるのが、キューティクルの性質です。

 

キューティクルとは、髪の毛の表面を包んでいる膜のようなもので、髪の毛の水分や栄養を守る役割があります。

 

このキューティクルの性質として、湿度、湿気によって開いたり閉じたりするという性質があります。

 

湿度が多い、濡れているという状態だと開き、湿度が低い、乾いているという状態だと閉じます。

 

よって、髪の毛が濡れている状態だとキューティクルは開いているということになります。

 

 

では、このキューティクルが開いた状態でヘアアイロンを使用するとどうなるのでしょうか?

 

キューティクルが開いた状態というのは、髪の毛の内部の水分や栄養が出入りしやすい状態です。

 

トリートメントを濡れた髪につけるのは成分を髪に浸透しやすくするためです。

 

しかし、逆に言えば、内部の水分や栄養が外に出ていきやすい状態とも言えます。

 

この状態でヘアアイロンを使うとどうなるのか。

 

濡れた髪にヘアアイロンを当てたときに、ジュッという音がして水蒸気が出たことがありませんか?

 

実はこれ、キューティクルが開いた状態で熱いヘアアイロンを当てたことで、髪の毛の内部の水分が蒸発してしまっているのです。

 

また、水分を蒸発させるだけではありません。髪の毛の内部で水分が蒸発すると、水蒸気爆発と呼ばれる現象が起き、水分の他にも髪の毛の成分も破壊してしまいます。

 

つまり、濡れた髪にヘアアイロンを使用するのは、髪の毛の水分や成分を破壊し、髪の毛にダメージを与える行為なのです。

 

 

 

まとめ|濡れた髪にアイロンはおすすめできません

 

結論としては、濡れた髪の毛にヘアアイロンを使用することはおすすめできません。

 

髪の毛に大きなダメージを与えてしまうためです。

 

ヘアアイロンを使用する際は、髪の毛を乾かしてから使用するようにしましょう。

 

髪の毛が乾いた状態というのは、キューティクルが閉じた状態ですので、髪の毛の内部の水分や成分を守り、ダメージを減らしてくれます。

 

 

そして、よりダメージを減らす使い方も知っておきたいところです。

 

まず、髪の毛へのダメージを減らすためには、ヘアアイロンを低温で設定しましょう。

 

ヘアアイロンは低温になるほど髪の毛へのダメージが少なくなります。

 

また、長時間使用するとダメージが大きくなりますので、できるだけ短時間でセットするようにしてください。

 

特に毛先はダメージを受けやすい場所になりますので、ヘアアイロンを当て過ぎないように注意が必要です。

 

 

その他、ヘアアイロンを使う前に、ヘアアイロン用の洗い流さないトリートメントをつけることもおすすめです。

 

トリートメントにより髪の毛がコーティングされ、高温から守ってくれます。

 

トリートメントには、オイル、ミルク、ミストなどいろいろなタイプがあります。

 

ご自身に合ったものを選びましょう。

 

 

いろいろなヘアアレンジができて楽しいヘアアイロンですが、使い方を間違えれば髪にダメージを与えてしまいます。

 

キューティクルは一度壊れてしまうと再生ができません。だからこそ、日々、気をつけてケアをすることが大切です。

 

きちんと使い方を理解し、ケアを行って使用するようにしましょう。

 

 

>>当サイトイチオシのヘアアイロンはコチラ