ヘアアイロン スチーム

スチームタイプと普通のヘアアイロンとの違い

 

髪に優しいといわれているものが、スチームタイプのヘアアイロンです。一体、普通のヘアアイロンとは何が違うのでしょうか。

 

ヘアアイロンとは、髪に熱を加えて形を整えるものです。ドライヤーとは違って直接熱を加えることができるので、しっかり形をつけることができます。

 

普通のヘアアイロンはヘアアイロン自体が熱を持ち、その熱を髪に直接当てます。

 

一方、スチームタイプのヘアアイロンは、蒸気が出てくるヘアアイロンのことで、蒸気の熱を利用して髪の形を整えます。

 

 

 

スチームタイプのヘアアイロンのメリットとデメリット

 

スチームタイプのヘアアイロンは髪に優しいといわれています。髪はタンパク質でできていて、高温を与えるとタンパク質が変性をして傷みます。スチームタイプのヘアアイロンは直接熱を与えないので、髪のダメージが軽減します。しかし、本当に髪に優しいのかは実証されていないようです。

 

髪のクセが強い方は、雨の日は普通のヘアアイロンでは髪を整えることが難しくありませんか。朝にしっかりセットしたのに、昼頃には髪が崩れているということも。そんな方でも、スチームタイプのヘアアイロンなら髪をしっかり伸ばせる可能性があります。髪のクセには個人差があるので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、スチームタイプの方がスタイリングが長持ちします。

 

パサつきを抑えられるというメリットもあります。スチームの働きで髪がしっとりとします。

 

デメリットは水を補給しなければならないことです。スチームを出すためには水が必要で、ヘアアイロンに内臓されているタンクに水を入れて使用をします。製品によって水の補給方法は違いますが、専用のスポイトを使用して入れる面倒なタイプもあります。また、水の重さが加わるので普通のヘアアイロンよりも若干重いです。

 

 

 

おすすめのスチームヘアアイロンはコレ

 

「ヴィダルサスーンスチームストレートヘアアイロンVSS-9500/RJ」

 

ヴィダルサスーンのVSS-9500/RJは、従来品に比べてスチーム量が50%アップしています。大量のスチームが髪に潤いを与えて、24時間しっとりが続きます。VSS-9500/RJを使用することで24時間髪の水分量がキープされることが実験で確かめられています。

 

温度調節は4段階で設定が可能です。髪質によって設定ができます。雨の日でもしっかりと髪をセットします。

 

さらに、キューティクルを整える働きもあります。キューティクルに剥離や損傷がある髪にVSS-9500/RJを使用することで、キューティクルの剥離が密着します。

 

プレートの長さは18%アップしています。短時間で多くの量の毛をセットできます。

 

 

「テスコムマイナスイオン2WAYスチームヘアーアイロン 」

 

テスコムマイナスイオン2WAYスチームヘアーアイロン は、マイナスイオンも出るヘアアイロンです。マイナスイオンがプラスイオンを抑えて、キューティクルの傷みを抑制します。

 

温度は90~190℃まで5℃刻みで細かく21段調整できます。髪質にあわせた細かな設定が可能です。

 

メモリー機能搭載なので、使うときは前回と同じ温度設定になっています。

 

 

 

まとめ

 

毎日髪をしっかりとセットしたい、でも髪の傷みが気になる、こんな悩みを抱えていませんか。スチームタイプのヘアアイロンは普通のヘアアイロンよりも髪に優しいといわれているので、毎日ヘアアイロンを使用する方におすすめです。

 

また、髪が崩れにくいという特徴もあるので、雨の日は髪のボリュームがすごいという方にもおすすめです。製品によって性能に違いがありますが、長時間きれいな状態の髪を維持できます。24時間もセットが決まる製品もあり、雨の日の髪の崩れに悩んでいた方は助かることでしょう。

 

 

>>当サイトイチオシのヘアアイロンはコチラ