ヘアアイロン 初心者

ヘアアイロンの正しい選び方

 

 

市場にはたくさんのヘアアイロンが出回っていますが、製品の選択を間違ってしまうと効果がないばかりか大切な髪の毛にダメージを与えてしまう事もあります。頻繁に使用するヘアアイロンだからこそ、正しい選び方のポイントを押さえる事が大切です。

 

そこでヘアアイロンを選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

 

 

温度設定が細かく設定可能

 

ヘアアイロンのストレート効果も、そして髪へのダメージにも直接影響してくるのがアイロンの温度になります。例えば太く癖の強い髪の毛の場合は、高温でなければしっかりとストレートにする事は出来ません。
低温で何度もヘアアイロンを使うより、高温で一度でストレートを決めた方が髪へのダメージも少なくて済みます。

 

ですが、髪の毛が細かったり傷みがある場合は、高温でヘアアイロンを使うのは危険です。そんな時には、低温で髪をいたわりながらセットしてあげるのがお勧めになります。

 

つまりヘアアイロンは、自分の髪質や状態に合わせて温度調節が出来るという事が必須なんですね。
しかも、出来るだけ細かく温度調節を出来る製品が望ましくなります。温度調節が出来るヘアアイロンであっても、その設定が3〜5段階程度しかない製品も少なくありません。
ヘアアイロンの温度は5℃違えば髪への影響も違ってくるものですから、出来るだけ細かく温度調節が出来るものがお勧めです。

 

 

プレートが滑らかに動く

 

髪のダメージを最小限にするためには、プレートの滑りも大切なポイントです。髪の毛を挟みこみ、スルーする際に滑らかに動く事が重要になります。ここでひっかかったり、滑らかに動かないようだと摩擦によって髪が傷んでしまうのです。
ですから、ヘアアイロンを選ぶ際にはプレートの性能もとても重要になります。どんな素材を使用していて、どんな工夫がされているのかにも注目してみましょう。

 

 

安全性がしっかりとしている

 

また、ヘアアイロンは高温を伴う美容家電ですから、安全性もしっかりとしている製品が良いですね。
例えば、安全装置が搭載されていたり、過剰な発熱を防ぐような装置があるヘアアイロンをお勧めします。

 

 

ストレートにもカールにも使える

いつもストレートだと飽きてしまう、色んなヘアアレンジを楽しみたいというなら、1台でストレートにもカールにも使用出来る製品を選ぶと良いでしょう。優秀なヘアアイロンなら、ストレートヘアもカールヘアも1台で綺麗に決まりますよ。

 

 

 

ヘアアイロンの使いかた

 

ヘアアイロンは正しい選び方だけではなく、適切に使用することも大切です。使い方次第で仕上がりも負担も違ってきますよ。

 

まず濡れた髪は非常に傷みやすいので、ヘアアイロンは乾いた髪に使用するのが鉄則です。そしてヘアアイロンが設定した温度になってから使用するようにしましょう。また、ヘアアイロンをあてる前に専用の保護剤を使用すると、ダメージを軽減する事が出来ます。

 

綺麗にヘアセットをする為には、髪の毛をいくつかのブロックに分けておく事も大切です。一度に挟みこむ量は、1センチほどの厚みにすると熱が伝わりやすくなります。

 

根本をしっかりとプレスしたら、毛先にむかってプレートを滑らせてください。痛みやすい毛先にかけては力を抜くように軽くスルーしていきます。根本はしっかり、毛先は抜くという力加減を覚えておきましょう。

 

スルーする回数は1回がベスト。多くても同じ毛束には2回以上はヘアアイロンをいれないようにしてください。

 

 

 

初心者さんにおすすめのヘアアイロンはアレティ♪

 

ヘアアイロン初心者さんには、難しい技術なしでも綺麗にセットが出来るアレティがお勧めです。温度調節は、なんと80℃から200℃まで設定可能で、デジタル表示だからとても分かりやすくなっています。

 

また、アレティは他のヘアアイロンとは違うセラミック製のフローティングクッションプレートを搭載しているので、初心者でもスムーズに髪を滑らせる事が出来るのです。

 

しかもイオンが発生するプレートなので髪はツヤツヤ、キープ力も違います。

 

初心者でもプロ並みのセットが出来るのが、アレティの大きな魅力ですね。アレティは、使い勝手が良いから誰が使っても仕上がりに差がありません。価格も良心的だから、初めてのヘアアイロン選びにはアレティをお勧めします。

 

 

アレティの詳細情報はコチラ