【飛行機に乗る際の注意点】ヘアアイロンって機内持ち込みOKなの?

【飛行機に乗る際の注意点】ヘアアイロンって機内持ち込みOKなの?

 

格安料金が売りのLCC航空会社が増えたことで、海外旅行に行く機会がぐっと増えましたよね。

 

旅先では、おいしいものを食べたり、ショッピングを楽しんだり、素敵な景色を見たりとやりたいことがいっぱいあります。でも、海外に行ってあんまり人目が気にならないからと言って、おしゃれも手を抜きたくはありませんよね。ついつい遊ぶのが楽しくって、ファッションもメイクもいまいちだったなんて、後から写真を見て後悔したくはありません。

 

そんなおしゃれ女子の必須アイテムとも言えるのが、ヘアアイロンです。毎日使うものだから、もちろん海外旅行にも持って行きたいけれど、注意しないといけないポイントってあるのでしょうか?

 

 

ヘアアイロンを機内に持ち込む際の注意点

 

国内線の飛行機と違って、機内持ち込み品に制限が課されることが多い国際線ですが、ヘアアイロンの持ち込みってどうなんでしょうか。

 

実は、ちゃんと政府のホームページにも取り扱いが記載されているんです。基本的に言って、普段お使いのコンセントに差して使うタイプのヘアアイロンであれば、機内への持ち込みも、手荷物に入れて預けることもどちらも問題ありません。

 

電気がなければ使えませんしね。ただ注意しておきたいのが、電池式のもの。

 

普通の電池を使用するタイプのものであれば、機内に持ち込むことができますが、リチウムイオン電池を使用するタイプのものは、機内への持ち込み、手荷物への預け入れのどちらもできないんです。

 

ただし、リチウムイオン電池を外すことができて、なおかつそのリチウムイオン電池を飛行機の機内に持ち込むのであれば、ヘアアイロンもリチウムイオン電池もどちらも持ち込みが可能になります。あとは、ガス式のヘアアイロンは、液体物という扱いになるため、搭乗前の手荷物検査の際に液体物のチェックを受けなくてはなりません。

 

この時、1?以下のジッパー付き透明袋に入っていなければ、機内への持ち込みはできません。ガス式のヘアアイロンは1人1個までという個数制限もあります。普段お使いのヘアアイロンがどのタイプかを確認して、機内への持ち込みが可能かどうかを確かめてくださいね。

 

 

ヘアアイロンだけじゃない!ドライヤー・スプレーも制限あり

 

ヘアアイロンの機内への持ち込みも、細かく指定されていましたが、同じようにドライヤーも制限があるんです。

 

海外のホテルってちゃんとドライヤーが設置されているか不安ですし、あったとしてもやっぱり髪に優しいものっていうわけにはいきませんよね。

 

ヘアアイロンの場合と同じように、ドライヤーもコンセント式であれば機内への持ち込みが可能です。電池式のものでも、電池が取り外せれば持ち込めます。

 

ただし、ヘアアイロンもドライヤーも、お持ちのものが海外の電圧に対応しているか事前に確認しておく必要がありますね。電圧が違うままコンセントに差し込んでしまうと、せっかく持って行ったのに壊れてしまったなんてことになりかねません。

 

他に注意しておきたいのが、ヘアスプレーやデオドランドスプレーなどのスプレー缶です。基本的にこのようなスプレー類は化粧品という分類になるので機内への持ち込みが可能です。ただし、持ち込む際には100ml(またはg)以下の容器に入ったものという指定があるので、容量に気を付けておけば大丈夫です。

 

 

他にもまだある機内持ち込み制限ありのモノ

 

よく使うものの中で、液体物に分類されて気を付けないといけないのが、マニキュアや除光液などのネイルケア用品、そして香水です。

 

どれも持ち込み自体は問題ありませんが、1つの容器につき、0.5?以下または0.5kg以下と容量が決まっています。荷物検査に備えて、透明なジッパー付きの袋を用意しておくことも忘れずに。あとは、はさみやカッターといった刃物類は、もちろん持ち込みできませんので、ついうっかり手荷物かばんに入っていたなんていうことがないようにしたいですね。

 

 

飛行機に持ち込める海外対応のおすすめヘアアイロン5選!

 

上記の注意点を踏まえて、海外旅行におすすめのヘアアイロンを5つご紹介したいと思います。

 

まず1つ目は、パナソニック製ストレートアイロン ナノケア EH−HS99です。

 

わずか30秒で温まる使いやすさに加えて、ナノイー対応でツヤのある指通りのよい髪質を再現できちゃいます。海外に行くと、水質が変わって髪がきしむという方も多いですから、こちらのナノイー対応製品は嬉しいですよね。しかもスリムでコンパクトなデザインなので、何かと荷物の多い海外旅行にもばっちりです。

 

 

2つ目は、コイズミ製 タイニー KHS−8600です。

 

コイズミ製品の魅力は何と言っても、手ごろな価格です。3,000円くらいで購入できるので、海外旅行に行くために新たに購入しないといけないという方にとっては、とってもお買い得な商品です。充電式なのでコードレスで使えるのも便利です。

 

 

3つ目は、ヴィダルサスーン製 マジックシャイン VSS−9500です。

 

スチーム式でしなやかでツヤのある髪質が手に入ります。一度に多くの毛束をはさむことができるので、ヘアセットの時短にもつながります。

 

 

4つ目は、パナソニック製 ブラシアイロン コンパクト 26mm EH−HT45です。

 

コンパクトサイズながら、しっかり毛先をカールしてくれる優れものです。ブラシタイプなので、髪をとかすような感覚で手軽にスタイリングが楽しめちゃいます。

 

 

5つ目は、テスコム製 SALON de TESCOM TPW2632です。

 

25秒で使える速さと、パワフルなスチームが特徴です。これなら、旅先で時間のない朝でもあっという間に思い通りのヘアスタイリングができます。海外旅行に行かれる際には、ぜひヘアアイロン選びの参考にしてみてくださいね。