【全部3000円以下】安いのに使えるヘアアイロン5選!

【全部3000円以下】安いのに使えるヘアアイロン5選!

 

そもそもヘアアイロンとは・・・

 

まず最初に、ヘアアイロンとは、熱のちからを使ってヘアスタイルを自在に変えることのできる、家電製品のことです。ヘアアイロンって種類が多そう…と思われがちですが、実は大きく分けて2種類しか種類はありません。

 

1つは、髪の毛のうねりなどをまっすぐにする用の《ストレートヘアアイロン》そしてもう1つが、髪の毛にカールを付ける用の《カールヘアアイロン》

 

 

一般的に《コテ》と呼ばれているものです。ストレートアイロンとカールアイロンの、このどちらの機能も兼ね備えたヘアアイロンも今はたくさん販売されています。今回はこの2つの機能を兼ね備えているタイプの、ストレートヘアアイロンの選び方について詳しく紹介していこうと思います。

 

 

ヘアアイロンを選ぶ際の注意点

 

注意するべきポイントは大きく分けて4つあります。それは、

 

プレートの素材
プレートの幅
設定温度
本体の重さ

 

 

まずはプレートの素材です。

 

ヘアアイロンに使用されているプレートの素材には、アルミニウムやチタンやセラミックなどがあります。ヘアアイロンで重要なのが《表面の加工》です。良い素材が使われているのに、表面の加工がちゃんとしていない物だと、プレートの表面が剥げやすくなったり滑りが悪くなったり、結局すぐに使いづらくなってしまいます。加工方法にも色々と種類があり、フッ素加工がされているものだったり、アルマナイト加工とよばれるものや、チタンコーティング、セラミックやテフロン加工などがあります。

 

 

そしてプレートの幅。

 

これもとても重要なポイントで、ストレートヘアアイロンでは自分の髪の毛の長さをよく考えながら選ぶようにします。自分の髪の毛の長さをしっかりと確認して考えながら選ぶようにして下さい。それでストレートヘアアイロンの使いやすさ扱いやすさが大きく変わってきてしまうので、ここはしっかりと自分の髪の毛の長さを把握することが重要です。その中でストレートヘアアイロンを選ぶ際のポイントとしては、髪の毛が短いショートヘアの方は、幅の狭いプレートを、逆に髪の毛の長い方は、幅の広いプレートを選ぶといいと思います。選ぶ目安としては、髪の毛が短めの方なら、19mm未満。ミディアムくらいの髪の毛の長さの方なら、だいたい25mm前後。髪の毛が長めの方なら30mm以上、といった感じです。

 

 

そして三つ目、設定温度です。

 

ヘアアイロンの設定温度は、種類やメーカーによって全く異なります。設定できる温度が低いヘアアイロンは髪に優しいですが、スタイリングがしづらくなります。逆に設定できる温度が高すぎてしまうと、スタイリングがしやすくなる反面、髪に与えるダメージは大きめです。一番使いやすいとされているヘアアイロンの温度は180度前後と言われているので、ヘアアイロンを初めて購入される方は最低でも180度に設定できるタイプのヘアアイロンを選ぶようにしましょう。

 

 

最後は本体の重さです。

 

重さは、ヘアアイロン本体が重過ぎてしまうと、手が途中で疲れてきてしまったりして、上手に巻くことができません。重過ぎるとバランスも悪くなるので、手が疲れて思わず落としてしまったりする場合もあります。購入する際によく言われているのは、自分の利き手ではない方の手で持って『重たい』と感じたものは避けた方がいいと言われています。

 

 

安いのに使えるおすすめヘアアイロン5選!

 

【アゲツヤ・チタニウムプロフェッショナルヘアアイロン】

 

これはカラーバリエーションがとても豊富で見た目も鮮やかで可愛いのが特徴です。チタニウムプレートが使われているサロン品質のものです。

 

 

【アップマート・イオンアイロンウルトラシャイニープロ】

 

これは410gという超軽量ヘアアイロンです。とてもコンパクトで使いやすく、設定温度も80〜220度までと幅広いので、初心者の方にもおすすめです。

 

 

【サロニア・ダブルイオンストレートアイロン】

 

これはマイナスイオンが噴射口から出て、髪へのダメージを最小限におさえてくれます。コンパクトなのでストレートにしたり巻いたり、自由自在なので色々な髪型にチャレンジすることができます。

 

 

【サラキューティー・プロフェッショナルヘアアイロン】

 

チタニウムプレートが使われているので摩擦も少なく済み、髪の毛に余分な負担をかけることもありません。高温で一瞬でスタイリングができるのが特徴です。

 

 

【ハーネラル・イオンストレートヘアアイロン】

 

プレート両面が同時に発熱することで熱ムラによる髪の毛へのダメージを抑えることができます。軽量かつシンプルなので、ヘアアイロン初心者の方にも簡単に使うことができます。